愛知県弥富町の中学校で3年生の男子生徒が、別の男子生徒に刺されました。

消防によると男子生徒は心肺停止。

刺した男子生徒を現行犯逮捕しました。

二人の間に何があったのでしょうか。

事件の概要

2021年11月24日

8時10分。愛知県弥富市の中学校で、3年生の男子生徒が別の男子生徒に刺されました。

駆けつけた消防によると、男子生徒は心肺停止の状態。

警察は、刺したとみられる同級生の男子生徒を殺人の疑いで現行犯逮捕しました。

その日の夜、被害者の男子中学生は近くの病院で死亡しました。

事件のあった中学校は市立十四山中学校

事件は、愛知県弥富市鳥ケ地1丁目の市立十四山中学校で起きました!

愛知県弥富市刺殺事件の犯人

犯人は中学3年の男子生徒という情報が入っています。

未成年なので名前や顔は公開されないと思いますが、この男子生徒は同じ中学の生徒同士だったという事がわかっています。

犯人の計画

犯人の生徒は修学旅行の際に持ち込み禁止だった携帯電話を教師に取り上げられたことから疎外感を覚えたと供述。

修学旅行のあと、もしくは旅行中に包丁を入手したと思われます。

そんな、学校生活で嫌な事が続いていた彼は犯行を半月前から計画していたとされます。

愛知県弥富市刺殺事件犯人の犯行の様子

凶器は包丁で被害者の後頭部を刺したとのことです。

包丁をどこから手に入れて、どのように所持していたかも不明で、詳しい情報が入り次第更新していきます。

加害者の男子生徒は刺したことは間違いないと犯行を認めているそうです。

事件の発端はイジメ

    逮捕された少年との取り調べによると、少年はどうやらいじめられていた事を理由に、被害者は殺害されたとされます。

    この件に関して、市の教育委員会は「イジメ問題は把握していなかった。」と言っています。

    私が思うことは「本人が傷つけばイジメ」になるので、はっきり言って教育委員会が把握できたかどうかなんて絶対ムリだと思うんですよね。

    本人が傷ついて誰にも相談できないまま、自分自身が追い詰められてもう殺してしまおうなんていう考えを持ってしまうのかなと・・・。

    残念で仕方有りません。

    愛知県弥富市刺殺未遂事件ネット民の反応