鬼滅の刃の無限列車編、テレビオリジナルの完全新作の1話。『煉獄さんが無限列車に乗るまで』の話が追加されました。

ファンでは色々な話が持ち上がっており、どんな話になるのか?がやはりみんなの争点になっています。

ここでは、ファンによるネタバレの予想を上げていきたいと思います。

また、実際に放映後ネタバレや、無料で動画を見る方法や、見逃し配信情報についてお伝えしていきたいと思います。

煉獄さんが無限列車に乗るまでのネタバレ予想

ファン1のネタバレ

煉獄さんの日常生活の場面と、無限列車で人が行方不明になるという事件が鬼の仕業ではないかという謎解きのような段階からのストーリーではないかと思います。
予告で少し出ていた、鬼殺隊の剣士と状況を確認したり、細かい部分が描かれていると思います。映画でもあったように状況把握の素早い煉獄さんなので、無限列車に乗り込む前の段階で、上弦の鬼がでるのでは、と予想していたと思うので、テレビアニメでは、煉獄さんの無限列車に乗り込む際の決意や覚悟をストーリーにしていると思います。炭次郎にも家族とのストーリーがあるように、鬼殺隊の柱にもそれぞれストーリーがあり、漫画でも描かれています。それを今回は無限列車で戦いの末に命を落とした煉獄さんにフォーカスしているのではないでしょうか。

ファン2

胡蝶との会話の後に出発し、何処かの料理屋で鬼殺隊と会話をしているようで、おそらくまずは無限列車で発生している事件の情報を収集しているのだと思われます。
ただ、実際の列車内では思いっきり術にかかってしまっているので、あまり有力な情報は得られないのでは無いかと思われ、とにかく無限列車に乗ってみるという結論になるものと思われます。
全部で7話もあるので、列車に乗るまでの道中でちょっとした他の事件にも関わることになるのではなり、そこで闘う鬼の能力も完全オリジナルなのだろうと思われます。
とはいえ柱ですし、下弦の鬼以下に対しては圧勝だと思われるので、あっさりと薙ぎ倒して行くのでしょう。
あと列車内では弁当をたくさん注文するシーンなども出てくるかと思われます。

ファン3

ある日、煉獄はとある任務で一人の鬼殺隊士と知り合う。彼は柱のような実力はなかったが、鬼を滅する高い志を持った隊士だった。煉獄は彼と意気投合し、時折食事に行く仲になる。そんなとき、煉獄は鬼が出ると噂の無限列車に、煉獄と親交のある彼が向かうことになった、という話を聞かされる。彼の無事を祈る言葉をかける煉獄に、彼は深く御礼を言って無限列車へと乗り込んでいく。しかし、彼が無限列車に乗り込み、姿を消してからも鬼の噂は止まらなかった。彼の死を悟る煉獄に、お館様は無限列車での任務を命ずる。煉獄の返事は決まっていた。鬼を討ち取れなかった彼の無念を晴らし、鬼に食われた乗客の無念を晴らす。その決意を胸に、煉獄は無限列車へと足を踏み入れる。

ファン4

無限列車編第一話はおそらく劇場配布の漫画を参考にすると思います。

煉獄家の日常から始まり、まだ若かりし煉獄杏寿郎の鬼討伐が描かれ、出発直後弟子の甘露寺蜜璃との関係性を表す場面も含まれると思います。

甘露寺と煉獄の師弟関係は、言葉として認知されていても実際に2人の師弟関係が感じ取れる描写は本編には全くなく、それを補完する意味でも劇場パンフの豪華版にスピンオフCDが入ったのだと思うからです。

映画が大成功を収めたため煉獄ファンが大幅に増えて、もっと背景を知りたいと思う人がたくさんいるのでそこにフォーカスした内容(もちろん原作設定範囲内で)になってるという予想です。

そしてPVに出ていた男性は無限列車に乗車して行方不明になる乗客の1人ではないかと推察します。
列車に乗車する前夜に知り合い、少しの時間でも心を通わせるエピソードがあるといいなと思っています。

ファン5

無限列車に向かう前に煉獄さんは後輩の鬼滅の部隊と食事に行く。そこで無限列車での良くない噂を聞く。ただ鬼滅部隊の後輩も煉獄さんが行くのであれば問題ないであろうとそのまま送り出す。
その後、実家に帰ろうとするも無限列車から帰還したあとにしようと思い、結果家族とは会えず仕舞いになってしまう。
任務に向かう途中、鬼が出るという噂の町を通る。休みがてらその町に泊まると、案の定鬼が出現する。
鬼は町の子供をさらっていってしまう。
煉獄さんは子供を救う為に鬼と対決する。
鬼はそこそこ強く、煉獄さんは苦戦を強いられるも、救いたいという思いが強いので、鬼を退治し、子供は無事に町に帰ることができた。
この町でも無限列車の噂は広まっており、煉獄さんは町の人たちに見送られて無限列車に乗り込む。

ファン6

煉獄さんが無限列車に行く前、誰かに喫茶店で会っている感じがするのでその人は誰なのか、どんな話をしてどんな決意で無限列車に乗ったのかが明らかになると思います。しのぶさんがいってらっしゃいしてからの煉獄さんの足取りや思い道中で起こったことについて触れられそうです。完全な新作エピソードなのでそこでも敵と戦って人を救っていそうです。煉獄さんと敵との闘いも見れるのではないか、強さの度合いを表すエピソードも話されるのではないかと思っています。
他にも戦いの中で型の披露や、技も今まで見れなかったものが見れるかもしれません。煉獄さんの男気溢れる別のエピソードも展開されると嬉しいし、性格ももっと深く知ることができる作りになっていると予想します。

ファン7

連絡をよこした部下と合流するため事件の起きた町へ向かう煉獄。目的の町にたどり着き、状況を探っていると、町の一部では行方不明事件の噂がささやかれ始めていた。
詳細を確認し、今後の計画を練るために町の食堂に入る。
部下とお互いが得た情報のすり合わせをしていると、食堂の女将が話しかけてきた。
「自分の娘も数日前に恋人と列車に乗ってから行方不明で、連絡も取れなくなってしまった。娘は、もう帰ってこれないのでしょうか?結婚の話も決まり、これから幸せなことがたくさん待っているはずなのに…」
涙ぐみながら話す女将に向かい煉獄は
「女将、心配いらない、娘さんのような方を助けるために俺たちはきたのだ。必ずまた娘さんに合わせると約束する。」
煉獄の力強い笑顔に、女将は涙を拭き、
「どうかよろしくお願いいたします」
と、深々と頭を下げる。
「行くぞ!!」
部下とともに店を出る。

ファン8

煉獄杏寿郎は、鬼滅隊本部を出ました。胡蝶は不吉な予感がしますがそれを表さないようにしていました。杏寿郎にもそれが通じたようで、弟に会いに行きます。弟は鬼滅隊に入ることができませんでしたが、良き理解者です。杏寿郎は過去を振り返ります。父親は有能な炎柱で、活躍していました。でもなぜか杏寿郎を嫌っていました。自分以上に優秀だからなのか、いずれ失敗するのを恐れてなのかわかりませんが、杏寿郎は悩んでいました。母親はとても優しかったですが病気で亡くなりました。杏寿郎の正義感をほめて、人のために戦うことを望んでいました。杏寿郎は母のお墓参りに行き、これからの戦いを伝えます。父にも会おうとしますが、それは叶いませんでした。家族に会い覚悟を決めて杏寿郎は無限列車に向かうのです。