マヌカハニー

マヌカハニーの偽物ってあるの?本物との見分け方や選び方について

最近巷で話題のマヌカハニー。ここ最近はさらに人気が高まったように感じています。人気が出て注目されるとそれをビジネスにするべく金儲けを企む悪徳業者が現れます。

マヌカハニーに関して言えば「偽物」ですね。成分を偽ったり、商品ラベルは実績ある会社のもののコピーを使用したりと色んな偽物が出回っているようです。

また、日本マヌカハニー協会によるとマヌカハニーの生産量と流通量が釣り合っていないとの報告もあります。年間生産量が約1700トンに対して、世界で販売されるマヌカハニーは1万トンあるんだとか…

この数値が本当だとすると、世界中で販売されているマヌカハニーの80%は偽物ということになりますね(笑)

もちろん前年に生産したものが全て売れているかどうかはわかりませんが、5年分の生産量が世界で販売されているとなると、少し疑問が残ります…。

マヌカハニーは国内で採取できないため、その全ては輸入に輸入されたものです日本で販売されているマヌカハニーの全てが輸入品であるのも、偽物が流通しやすい要因と言えるかも知れません。

偽物を購入しないためには、正規品を輸入・販売しているメーカーから買うことが最も確実です。とはいうものの、初めてマヌカハニーを購入される方がそこまで調べ上げるのは手間と時間がかかります。

ここではそんなマヌカハニーの本物・偽物の見分け方や偽物を購入するリスクを回避する方法、実績ある信頼できる販売メーカーなどを中心にご紹介していきたいと思います。

それでは、早速みていきましょう!

そもそもマヌカハニーって?

マヌかハニーの本物・偽物についてご紹介する前に、まずマヌカハニーとは何なのか?について簡単に説明したいと思います。

マヌカハニーとはニュージーランド・オーストラリアに自生するフトモモ科の樹木・マヌカの花から採取されるハチミツです。

このマヌカハニーですが、日本にはマヌカの花が自生していないので、国内では採取することができません。現時点では、日本国内で販売されているマヌカハニーはその全てが輸入品です。

近年、日本をはじめ世界中で注目を集めるようになったマヌカハニーですが、実はニュージーランドの先住民族であるマオリ族は古くからマヌカの木を万能薬として使用していた歴史があります。

マヌカハニーを食べると病気になりにくいということで研究が始まり「メチルグリオキサール」という成分がマヌカハニーの抗菌成分であることがわかりました。

メチルグリオキサールは体に良い影響を与えてくれる成分で、体内のあらゆる菌を取り除いてくれます。

あまり聞きなれない成分なので違和感を持つ方もいるかと思いますが、体に良いものですので安心してくださね。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は皆さん良いイメージ持たれますよね?そんな感じです。

このメチルグリオキサールの含有量はMGO(MG)という数値で表され、数値が大きくなればなるほど強い抗菌作用を持っていることになります。

メチルグリオキサール(MGO)について詳しくは下記の記事をご覧ください。

メチルグリオキサール(MGO)とはどんな成分?副作用や発がん性はあるの?マヌカハニーに含まれる「メチルグリオキサール」ってどんな成分なの?副作用とか発がん性物質の心配はないの?メチルグリオキサールのいろいろについて詳しくご紹介していきます。 ...

では次からは偽物を回避するための対策についてご紹介していきます。

商品規格・認証マークを確認

マヌカハニーはそのいくつかのグレードがあり、どのグレードに該当するのか示す規格がいくつかあります。ちょっとわかりづらいかも知れませんが、例えるなら、カレーで甘口・中辛・辛口と表示されていることもあれば、辛さ10倍・20倍などで表示されていることもありますね。

つまり、マヌカハニーの活性強度の強さをいろんな方法で表示しているわけです。これらを見極めるためにはこれらの数値の意味を理解していないといけません。表示されている規格はMGO・UMF・MGSですが、主に使われるのはMGOUMFです。

ちなみに各数値毎の効能や各数値の換算表を準備しましたので参考にしてください。

MGO UMF MGS 効能・効果 参考価格(250g)
83+ 5+ 5+ とりあえず試してみたい方 2000円〜
263+ 10+ 10+ 日常の健康維持 3000円〜
356+ 12+ 12+ 日常の健康維持 3000円〜
514+ 15+ 16+ 感染症予防・免疫力増加 4500円〜
696+ 18+ 18+ 感染症予防・免疫力増加 4500円〜
829+ 20+ 20+ 消化器官の改善や不快症状の緩和に 9000円〜
1050+ 24+ 24+ 高い効果を求める方に 10000円〜

規格がたくさんあってわかりづらいですね。私も最初はよく戸惑っていましたが、何度か購入するうちに慣れてきます。

ちなみに「UMF」に関してはニュージーランドのUMFハニー協会の登録商標マークがあります。

これがそのマークになります。いくつかの基準をクリアした製品にだけ使うことが許されているマークです。

しかしながら、マークがプリントされた偽ラベルが使われていては意味がありませんし、最近ではUMFでなくMGO表記をするメーカーも増えています。(MGOが最近の研究で新たに発見された最も新しい規格です)

そのため、1つの指標にはなるものの、抜本的な偽物対策というには心許無いと言わざるを得ません。

表示されている成分を確認

マヌカハニーは実在する店舗で買うよりもオンラインによる通販がメインになっています。この点も偽物が流通しやすい要因かも知れませんね。

ですが、本当に実績ある信頼のメーカーは顧客獲得のためにあらゆる情報を開示してくれています。マヌカハニーの成分を専門機関で調査した検査証明書、残留農薬の有無を調査した残留農薬検査証など…

その他にも輸入の際の定温輸送などあげ出したらキリがありませんが、本当に徹底してやっているメーカーはとことん品質にこだわっています。

オンラインでの購入ページをみただけでも、その情報量は一目瞭然ですよ。気になる商品が見つかったときは上記に挙げた証明などが開示されているかなどを調べてみてくださいね。

安易に安いものに飛びつかない

これは結構重要な項目になると思います。マヌカハニーは1年でたったの数週間した採取できない貴重な蜂蜜です。そして昨今のマヌカハニーブームが拍車をかけ、価格は上昇傾向にあります

つまり、安いマヌカハニーには何か理由があるということですね。企業努力で低価格を実現している場合や、在庫処分などのセールで安くなっている場合も考えられますが、安い物を見つけた時にはより慎重に吟味する必要があると思います。

先ほどの項目で挙げた各種証明書などの検査を行うにはコストがかかります。また、生産に手間をかければかけるほどコストはどうしてもかかってしまいます。

「安かろう悪かろう」だと言いたいわけではありませんが、私は少しくらい値段の上乗せが必要でも、信頼のおける物であればそちらの購入をお勧めしたいです。

健康維持のために購入した商品が粗悪品で、逆に体調不良になってしまっては本末転倒です。できればそんな事は避けたいですね。

問い合わせてみる

次に本物を確かめる要素としては実際にメーカーに問い合わせをしてみることです。オンライン通販がメインとなっている特性上、必ずと言っていいほどカスタマーセンターやお問い合わせの電話番号があります。

そこに電話してみて、不安に思っていることや疑問点を納得するまで解説してもらいましょう。偽物でないちゃんとした物を取り扱っているメーカーであれば、間違いなく丁寧に対応してもらえます。

私もいくつかのメーカーに問い合わせをしたことがあります。どこも丁寧に教えていただけました。また、どのグレードのものがいいかなどの商品選びでもきちんと回答してくれます。(ここのメーカーから買いたいという段階までは決めておきましょう)

確認も含めて一度問い合わせしてみると、いろんなモヤモヤが解消されますよ。

オススメのマヌカハニー

ここまで偽物を買わないためのポイントや見分け方などを中心にご紹介してきました。色々と書きましたが、結局どこのメーカーが信頼できるマヌカハニーを販売してるの?

そう思われた方も多いかも知れません。

今回は自分で納得の1品を見つけたい方のために一通り解説してきましたが、マヌカハニーの購入にそんな時間が割けない方も多いのではないでしょうか?

そこで私がこれまで調べ上げた中で間違いなく本物を手にすることができる、且つ品質も最高と断言できるメーカーをご紹介します。

信頼と実績の「TCN」

まず1つ目は株式会社TCNのマヌカハニーです

成分調査残留農薬検査もきちんと行って開示していますし、何より日本で生産できないマヌカハニーをニュージーランド現地で日本人が生産・管理し、私たち消費者の手元に届くまで日本人によって管理された「ジャパニーズクオリティ」の商品です。

商品選びに迷っている場合でも問い合わせをすると、マヌカハニーに精通したスタッフが納得いくまで詳しく教えてくれますよ。さすがは専門店といった感じです。

↓↓ 商品ラインナップはこちら ↓↓

 【  MGO220+

まず、オススメするのはTCN社のMGO220+マヌカハニー。日常的に継続服用するのにぴったりなマヌカハニーです。

【 MGO550+  】

次にオススメなのは先ほどのMGO220+より少しグレードの高いMGO550+の商品です。こちらはより健康意識の高い方にオススメします。

【 MGO860+  】

【 MGO1050+  】

さらに効果を求める方へオススメなのがMGO860+マヌカハニー最上級レベルの強度を持つMGO1050+のマヌカハニーなります。この強度になると店舗ではなかなかお目にかかれないレベルです。

MGO数値が高くなると薬っぽい独特の味がすると言われるマヌカハニーですが、TCN社のマヌカハニーはグレードが高い物でも美味しく食べられると定評があります。

また、MGO550+のみにはなりますが、スティックタイプの販売もあります。1箱に5g×10包入りなので、効数値が高いものを試してみたいと思っている方には朗報です。

 購入の際はメーカーから直接購入することをお勧めします。オンラインショッピングモールなどで販売されているものの中には、商品が同じでも販売主がメーカーでなく個人が出品しているものもあります。

またTCNはマヌカハニーの定温管理を実施しています。大きな通販サイトの倉庫でそこまでされているとは考えにくいので、どうせ買うならTCNのオンラインサイトから直接購入しましょう。

※先ほどご紹介の商品画像を押すとメーカー直販サイトにいけます。

マヌカラボ厳選ランキング

マヌカラボでは人気と言われる商品を実際に購入して実食調査をしています。先ほど紹介した「TCN」の商品は総合評価がNo.1だったメーカーです。

その他にもお勧めしたい商品はいくつかありますのでぜひ参考にして見てください。比較したマヌカハニーはなんと29種類。

食べやすさ・価格・品質・偽物対策とあらゆる観点から調査を行い、点数化しています。いろんなニーズに合うように、ランキングも3パターンご用意しています。

これからお買い求めの方は、ぜひ一度ご覧ください。

【全29種類比較】マヌカハニー人気おすすめランキングを独自調査により作成 雑誌やメディアに取り上げられる回数も増え、注目を集めるマヌカハニー。 でも、いざ購入しようしたら ・種類が多くて選ぶ...

まとめ

今回は偽物の回避方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?単に偽物といってもラベルを張り替えたパターンやマヌカハニーを普通の蜂蜜で薄めているパターンなどいろんなパターンがあります。

何回も購入していくうちに、だんだんと知識が増え「これ怪しいな」と勘が冴えるようになってくるかも知れませんが、最初のうちは難しいものです。

マヌカハニーは粗悪品に出会わなければとっても体にいい食べ物です。初めて買ってガッカリされる結果になる方が1人でも減るようにという願いを込めて今回この記事を書かせていただきました。

本物志向のこれから購入される方は是非参考になさってくださいね。

RELATED POST